@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

β線【ベータせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

β線
ベータせん
β-ray
放射性種が自然崩壊するとき放出される放射線の1種で,高速の電子または陽電子の集りである。運動エネルギーは数百万 eV ,またはそれ以下である。普通の放射性核種から放出される放射には,ほかにα線γ線とがあるが,β線の電離作用はα線とγ線との中間で,写真乾板を感光させる。透過力はアルミニウム板で数 mm 以下,1気圧の空気で1 m 度以下である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ベータ‐せん【β線/ベータ線】
放射線の一。原子核β崩壊で放出される高速度の電子または陽電子の流れ。人工的にはベータトロンなどで加速して発生させる。透過力や電離作用α(アルファ)線γ(ガンマ)線との中間。空気中を透過するが、薄い金属板や1センチメートル程度のプラスチック板で遮蔽することができる。その際、副次的に発生するX線を遮蔽する必要がある。人体に対しては、外部被曝(ひばく)により皮膚および皮膚深部に悪影響を与えるほか、β線を放出する放射性物質を体内に取り込んだ場合、α線ほどではないが内部被曝による被害をもたらす。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

β線
 放射線の一種で,β崩壊といわれる核の崩壊にともなって放出されるもの.電子線もしくは陽電子の線.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ベータせん【β線 β‐rays】
β崩壊の際に放出される電子(β粒子)線。歴史的には,放射性物質から放出され磁場中でα線とは偏向を受ける粒子線として見いだされた。物質中でエネルギーを失い有限の飛程をもつが,α線よりも透過力が高い。崩壊時に中性微子(ニュートリノ)も放出されるため,そのエネルギースペクトルは,0からおよび終状態で決まる崩壊エネルギーの最大値(典型的には数百keVから数MeV)に至る連続分布をしているのが特徴である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ベータせん【β線】
放射線の一。原子核の崩壊( β 崩壊)によって放出される高速度の電子または陽電子の流れ。透過力とイオン化作用の強さは α 線アルフアせんと γ 線ガンマせんの中間。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

β線

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

β線
べーたせん
放射線の一種で、原子核のβ崩壊に伴い放出される電子または陽電子(β粒子)の流れ。プラスまたはマイナスに帯電しており、α(アルファ)線に比べると比較的電離作用が弱い。そのため透過力はα線に比べると強いが、厚さ1センチメートルほどのプラスチック板で遮ることができる。しかしβ線を遮る場合には、同時に制動放射でX線も放射されるため、X線の遮蔽(しゃへい)も考慮しなければならない。[山本将史]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

β線
ベータセン
β-rays

放射性同位体元素の原子核から放出される電子であって,元素の種類によっては正の電荷をもった陽電子を放出する場合もある.電子であるからβ粒子1個のもつ電荷の量は1.6×10-19クーロン(C)であり,陰陽いずれの場合もその静止質量は9.1×10-28 g である.β線のもつエネルギーは元素の種類によって決まる一定値以下0までの連続した値であり,この一定値を最大エネルギーという.たとえば,35S の最大エネルギーは0.167 MeV,32P では1.71 MeV である.β線が物質中を通過するときには電離作用がある.電子の質量はα粒子の1/7360にすぎず,非常に軽いため,α粒子と同程度のエネルギーであってもその速度は光速度に近い.したがって,電離密度はα線に比べて低く,エネルギー損失も少ない.このため,透過力は比較的大きく,32P の場合,大気中で数 m にも達する.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

β線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

β線の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation