@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

「新亀石」水辺祭祀場【しんかめいしみずべさいしじょう】

知恵蔵

「新亀石」水辺祭祀場
奈良県明日香村の酒船石(さかぶねいし)遺跡の北隣で、2000年春に発見されていた7世紀中頃建造の亀型石造物(新亀石)と石敷き遺構は、同年末までの調査で新たに酒船石のある丘陵側から石組みの湧水(ゆうすい)装置、北側へさらに25m以上続く石段などの遺構が判明。東西60m、南北20m以上の谷状の区域に、全長2.4mの新亀石と流水装置、石敷き、石の階段などで構成された前例のない「水辺祭祀」の聖域で、2世紀にわたって存続したとの見方が有力になった。
(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

「新亀石」水辺祭祀場」の用語解説はコトバンクが提供しています。

「新亀石」水辺祭祀場の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation