@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

『土佐日記』【トサニッキ】

とっさの日本語便利帳

『土佐日記』
紀貫之
男もすなる日記といふものを女もしてみんとてするなり。\(九三五頃)

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

『土佐日記』
紀貫之作。土佐国守の任期を終えた貫之一行が、土佐を発つ承平四(九三四)年一二月二一日から、翌年二月一六日に京に戻るまでの五五日間の旅日記。女性に仮託して仮名文で書かれる。亡き愛児への追慕、世相批判、自己省察に加え、随所和歌を織り込みつつ歌論的批評を展開する。女性の視点から観察を試みることで女流日記文学への道を開いた。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

『土佐日記』」の用語解説はコトバンクが提供しています。

『土佐日記』の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation