@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

あきしまささげ

デジタル大辞泉プラス

あきしまささげ
岐阜県高山市で生産されるインゲン。秋口気温が下がると紫色縞模様が浮き出ることが名称由来は茹でると鮮やかな緑色になる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

あきしまささげ[豆類]
東海地方、岐阜県の地域ブランド。
主に高山市などで生産されている。いんげんまめの在来種。秋に収穫が本格化し気温の低下とともに表面に紫色の美しい縞模様が現れることから、あきしまささげと呼ばれる。他のいんげんまめと比べ、莢のすじがない。飛騨・美濃伝統野菜。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あきしまささげ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

あきしまささげの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation