@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

あさぎり(町)【あさぎり】

日本大百科全書(ニッポニカ)

あさぎり(町)
あさぎり

熊本県南東部、球磨郡(くまぐん)にある町。2003年(平成15)免田(めんだ)町、上(うえ)村、岡原(おかはる)村、須恵(すえ)村、深田村が合併して成立。人吉(ひとよし)盆地の中東部を占め、町域の中央を流れる球磨川に沿って、くま川鉄道、国道219号が通じる。主産業は農林業で、球磨川沿いの中央部低地では稲作、葉タバコなど、台地では野菜、飼料作物の栽培が盛んである。北部と南部は山がちで、林業が主。町の中心地域である免田地区は、免田式土器とよばれる弥生(やよい)土器が出土したことで知られる。北部の須恵地区は、シカゴ大学の社会人類学者ジョン・F・エンブリーがその著書『SUYE MURA』によって、第二次世界大戦前の日本農村の典型として、世界に紹介した地域である。面積159.56平方キロメートル、人口1万5523(2015)。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あさぎり(町)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

あさぎり(町)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation