@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

あゝ玉杯に花うけて【ああぎょくはいにはなうけて】

日本大百科全書(ニッポニカ)

あゝ玉杯に花うけて
ああぎょくはいにはなうけて
佐藤紅緑(こうろく)作の少年小説。講談社発行の少年雑誌『少年倶楽部(くらぶ)』に1927年(昭和2)5月号から翌年4月号まで連載され、大衆児童文学における現代小説の達成を示した。貧しい家に生まれた青木千三少年が、友情に助けられながら向学心を貫き通すという筋に、金持ちの家に育った不良少年阪井巌(いわお)の純情と悔悟を織り交ぜたもの。美しい友情、立身出世主義、「艱難汝(かんなんなんじ)を玉にす」のモラルなど、紅緑の少年少女小説の思想がすべて典型的な形で表されており、当時の少年たちから愛読された。題名は旧制第一高等学校の寮歌による。[上笙一郎]
『『佐藤紅緑全集 上』(1967・講談社) ▽加藤謙一著『少年倶楽部時代』(1968・講談社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ああぎょくはいにはなうけて【あゝ玉杯に花うけて】
佐藤紅緑の児童文学作品。「少年倶楽部」誌に昭和2年(1927)5月号から翌年4月号まで連載。理想に向かって努力する少年たちの友情を描いて人気を博した。単行本は昭和3年(1928)刊行。題名は、第一高等学校寮歌の歌詞から。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あゝ玉杯に花うけて」の用語解説はコトバンクが提供しています。

あゝ玉杯に花うけての関連情報

他サービスで検索

「あゝ玉杯に花うけて」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation