@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

いとおしむ

精選版 日本国語大辞典

いとおし‐・む いとほし‥
〘他マ五(四)〙
① ふびんに思う。かわいそうに思う。気の毒に思う。
※続日本紀‐天平宝字六年(762)六月三日・宣命「愧(はづか)しみ伊等保自彌(イトホシミ)なも念ほす」
② かわいいと思う。かわいがる。
※御伽草子・小式部(室町時代物語大成所収)(室町末)「心のうちいかほどそふべきともしらずして、いとをしむ事かぎりなし」
③ 惜しんで大切にする。愛惜する。「去り行く春をいとおしむ」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)残「婦が今般(いまは)にいとをしみし短刀こそ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いとおしむ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

いとおしむの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation