@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

いもち病(飼料イネ)

飼料作物病害図鑑

いもち病(飼料イネ)
飼料イネの栽培とともに九州を中心に発生が確認されている糸状菌病。に初め灰緑色、水浸状の病斑を形成し、後に周縁部褐色の紡錘形病斑となり、激しい葉枯を引き起こす。病斑の大きさは長さ2〜10mm、幅1〜3mm程度。飼料イネ品種には抵抗性が導入されていることが多いが、病原菌のレース分化に注意が必要である。

出典:畜産草地研究所

いもち病(飼料イネ)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

いもち病(飼料イネ)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation