@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

うお座【うおざ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

うお座
うおざ
Pisces
魚座。赤道北側の星座。概略位置は赤経 0時20分,赤緯 10°。黄道十二宮の 12番目。11月のに南中する。地球歳差運動のため,現在の春分点はうお座のω星近くにあり,赤経 0時にあたる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

うお座
うおざ / 魚座

秋の南の空高くに見える星座。黄道十二星座の一つで双魚宮。ペガスス座の四辺形の南東寄りに接して「く」の字を強く押しつぶしたような形に、4等級の星が点々と連なる。「北の魚」と「西の魚」の2匹の魚がリボンのような帯で結ばれ、その折れ目のところにα(アルファ)星がある。ギリシア神話ではこの2匹の魚は、愛と美の女神アフロディテとその子エロスの化身とされている。赤道座標の原点になる赤経0時、赤緯0度の春分点が「西の魚」の尾の近くω(オメガ)星の南にあり、春分の日の太陽はここに位置する。春分点は歳差のため毎年、角度にして約50秒ずつ西へ移動しているため、かつてはおひつじ座にあり、約650年後にはうお座からみずがめ座へ移る。

[藤井 旭]

『林完次著『星座「秋」』(1987・保育社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うお座」の用語解説はコトバンクが提供しています。

うお座の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation