@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

うがち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

うがち
江戸時代後期の戯作における表現技巧の一つ。一般に知られていないことを指摘し,軽くさらけ出してみせること。洒落本滑稽本川柳 (せんりゅう) などにみられるが,洒落本にはことに多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うがち
江戸中期の戯作(げさく)文学における重要な表現法の一つ。当時,軽々には人の気づかない世相風俗の現象や,人間の性癖欠陥等を“あな()”と称して,その“あな”を指摘することを好む風潮があり,それを俗文芸に表現する時の手法としたのが“うがち(穿)”である。1750年前後(寛延宝暦),江戸における談義本の中に顕著にあらわれ,以後洒落本,滑稽本,黄表紙等,いわゆる江戸戯作の中心的手法となった。それは一見風刺や教訓と酷似するが,戯作の本質がもっぱら滑稽性の醸出という点にあるので,“うがち”ももっぱら人の意表をつく意外性と誇張性とが強調されて,より裏面観・側面観に徹し,滑稽性を増幅するために用いられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

うがち

戯作(げさく)の発想法の代表的なもの。本来「穴をうがつ(穿つ)」とか「穴をいう」ことの意で、この場合「穴」とは社会生活万般においてみいだされる欠陥をさし、それが個人的に現れる場合はその人の癖や気質をさすことになる。「うがち」はその欠陥を鋭く指摘することで、ややもすれば気づかれずに放置されている穴をいち早く指摘するときに、その「うがち」は賞賛される。「うがち」の姿勢はおおむね無責任であり、あくまで「笑い」のための発想法である以上、「風刺」や「教訓」との間には懸隔がある。

[中野三敏]

『中村幸彦著『戯作論』(1966・角川書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うがち」の用語解説はコトバンクが提供しています。

うがちの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation