@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

うなぎ屋【うなぎや】

日本大百科全書(ニッポニカ)

うなぎ屋
うなぎや / 鰻屋

うなぎの蒲(かば)焼きなどを調理して食べさせる店。うなぎは食品としては古くからあったが、店は都市住民の外食が盛んとなった18世紀にできた。客がきてから、うなぎを裂いて焼いたから、待たされることは普通であり、これは近代の19世紀後半まではそうであった。うなぎ飯(めし)は、江戸では、大きなうなぎ屋では扱わず、中小の店で蒲焼きとともに扱うか、これだけをつくった。上方(かみがた)では、うなぎ飯は、生け簀(す)が他の川魚を兼ねて扱っていた。江戸では丼(どんぶり)、上方では真蒸(まむ)しといっていた。また、店売りのほかに出前もした。江戸では黒塗りの手桶(ておけ)に入れ、大坂では大平椀(ひらわん)に入れて運んだ。のちに、江戸では銅箱懸け子の印籠蓋(いんろうぶた)のものが使われた。さらに、蒲焼きの担い売りもあった。上方では、よばれた所で、うなぎを裂き焼いて売ったが、江戸では自家で焼いたものを岡持ちに入れて街を回った。担い売りはいまはない。

[遠藤元男]

『喜田川守貞著『類聚近世風俗志(守貞漫稿)』(1934・更生閣書院)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うなぎ屋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

うなぎ屋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation