@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

う蝕【うしょく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

う蝕
うしょく
dental caries
一般には虫歯と呼ばれる。う蝕にかかった歯をう蝕歯またはう歯という。代表的な歯科疾患で,5~15歳の日本人の約 90%にすでに認められる。本態は細菌感染による歯の破壊と考えられる。エナメル質,特に歯の溝や隣接面,歯肉との境の部分は,形態上清掃が行届かず,歯苔が付着しやすい。歯苔の約 70%は口腔内に常在する微生物群で,特にミュータンスレンサ球菌は,食物の糖分から酸を生成してエナメル質を溶かす。エナメル質が侵されると,微生物が深部に向って増殖し,進行しやすい。病変歯髄 (俗にいう神経) に及ぶと,充血歯髄炎による痛みが強くなる。化膿性歯髄炎では頭痛,不眠を伴う激痛となり,さらに進行すると,歯髄腔から根管,根尖孔を経て歯根周囲の歯根膜,歯槽骨を侵し,根尖性歯周炎となる。さらに顎骨骨髄炎や顎炎を起すこともある。このほか,う蝕が原因で起る合併症も多いので,予防と早期治療が重要となる。糖質の多い食生活がう蝕の発生につながることは明白で,ことに,歯面に長くとどまりやすい粘着性の糖質食品は,う蝕の発生を助長する。予防法としては,歯苔を除くための口腔清掃,エナメル質を耐酸性にするフッ化物の飲用あるいは塗布などがある。う蝕の一般的な治療法は,病変部を含めて適当な形に象牙質を削り取り,十分消毒したのち,充填物 (インレー) を詰める。歯髄が回復不能なほど侵されていれば,抜髄して根管治療,根管充填を行い,補綴物で修復する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

う蝕」の用語解説はコトバンクが提供しています。

う蝕の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation