@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

えいえい【エイエイ】

デジタル大辞泉

えい‐えい
[感]
力を込めるときに発する語。
「さらば撞(つ)いて見う。―やっとな」〈虎寛狂・鐘の音
呼びかけたり、相手を威嚇したりするときに発する語。
「―とぞ呼びたりける」〈盛衰記・一八〉
笑う声。
「―と笑ひて」〈宇治拾遺・五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えい‐えい
〘感動〙
① 力を入れる時に発することば。
※名語記(1275)五「大物をひく人勢が、えいえいといふ、如何。えいは曳也。ひくといへる字の音をとなへてひく也」
② 笑い声を表わすことば。
※宇治拾遺(1221頃)五「『是は、かうかうの時、仲胤がしたりし句なり。ゑいゑい』とわらひて」
③ 舞、踊りなどのはやしことば、掛け声。
※浄瑠璃・平家女護島(1719)一「ゑいゑいゑいゑいゑい縁にひかるる柳の糸の、雪におれぬも風にはなびく」
④ 承諾を表わす返事のことば。
※歌舞伎・幼稚子敵討(1753)六「『大事ない。這入(はい)りゃ這入りゃ』『ヱイヱイ』ト内へ這入る」
⑤ 呼び掛ける時のことば。
※源平盛衰記(14C前)一八「いかに海龍王共はなきか、曳々(エイエイ)とぞ呼びたりける」
⑥ 戦場であげる、鬨(とき)の声。
※浄瑠璃・佐々木先陣(1686)一「貝の尾を引(ひき)太鼓を打ってこゑはゑいゑい大空に、ひびき渡れる波のをと」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

えいえい」の用語解説はコトバンクが提供しています。

えいえいの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation