@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ええじゃないか踊り【ええじゃないかおどり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ええじゃないか踊り
ええじゃないかおどり
慶応3 (1867) 年後半に,名古屋をはじめ,東海道,近畿を中心に,本州,四国にかけて起った大衆の乱舞。新時代の到来を予想した一般庶民の解放感によるもの。伊勢神宮のお札が降ったという噂が発端となって,民衆は「ええじゃないか」の繰返しの入った猥歌を歌って男女を問わず踊り狂い,富豪の家に押入っては金品をもらい受けたりした。京都付近では,倒幕派の志士たちがこの現象を利用して秩序を混乱させ,運動を有利に展開する手段とした。王政復古の頃消滅した。 (→お蔭参り )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ええじゃないか踊り」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ええじゃないか踊りの関連情報

関連キーワード

カナダイギリス領北アメリカ条例ルコック探偵孝明天皇徳川慶喜明治天皇王政復古(日本)グリーグ徳川慶喜バラーキレフ

他サービスで検索

「ええじゃないか踊り」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation