@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

えす【えす】

大辞林 第三版

えす
助動 えせ ・えし ・えす ・えす ・ ○ ・ ○
ますの転。近世、江戸の遊里語
動詞および助動詞「れる・られる」「せる・させる」などの連用形に付き、丁寧の意を表す。ます。 表向から文をあげえすこともまだできえせんから紙入のうちへ入れてあげ申したが/洒落本・鄽意気地

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えす
〘自動〙 (活用未詳。「えんす」の変化した語) あります。尊大な気持を表わしていい、「でえす」の形でいうことが多く、終止形だけ見られる。→でえす
※浄瑠璃・太平記菊水之巻(1759)四「近年現銀でなければ療治は致さぬ、貴様其用意がゑすか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

えす
〘助動〙 (「ます」の変化した語。活用は「えせ(えしょ)・えし・えす・えす・○・○」) 近世、江戸の遊里語。丁寧の意を表わす。上にくる動詞の連用形語尾がエ段の場合に多く用いられ、イ段の場合には「いす」となることが多いが、「えす」を用いることもある。
※洒落本・志羅川夜船(1789)西岸世界「やっぱり清兵へとかきへすかへ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

えす」の用語解説はコトバンクが提供しています。

えすの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation