@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

おき

精選版 日本国語大辞典

おき
〘名〙 能楽で、大・小鼓のはやしの打ち方の一つ。次第の地取(じとり)、道行やシテの上歌(あげうた)などの終わりの部分、または打上(うちあげ)という手付の次に打つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おき
〘名〙 七をいう、芝居者・てきや・盗人仲間などの符丁。〔日本隠語集(1892)〕
※洒落本・品川楊枝(1799)「『芝居のふちゃうを咄しねへ』『〈略〉七文を、おき』」
[補注]田沼意次(おきつぐ)の紋所七曜によっていう。寄席芸人の符丁では、タヌマ、ヌマという。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おき」の用語解説はコトバンクが提供しています。

おきの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation