@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

おつぼ山神籠石【おつぼやまこうごいし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

おつぼ山神籠石
おつぼやまこうごいし
佐賀県武雄市橘町の標高約 62mのおつぼ山を中心とする丘陵上にある山城跡。 1960年,日本で8番目に発見された神籠石である。 63年に南門,東門,第1水門,第2水門および列石が調査された。列石は角閃安山岩質凝灰角礫岩を丁寧に加工した切り石を組合せたもので,その上に土塁が構築されていた。また列石の前面礎石や柱穴が整然と配列されていた。列石の総延長は約 1870mで,神籠石としては小型のほうである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイド

おつぼやまこうごいし【おつぼ山神籠石】

佐賀県武雄市橘町にある城跡。佐賀平野の西方に連なる山系から低く延びた丘陵一帯に所在する山城跡。1962年(昭和37)に発見され、翌年から発掘調査が行われた結果、朝鮮式の山城であることが確認され、1966年(昭和41)に国の史跡に指定された。列石は総延長が1866mで、列石の上には幅9mの土塁があり、谷間には水門が設けられ、門跡も2ヵ所で確認。列石の個々の石は高さ70cm、厚さ40cmほどで、残石の数は1313個。列石の前面に3m間隔で柱穴があり、城壁となる土塁を築くための板を押さえるためのものと考えられている。第1土塁の前面では、この柱穴列と列石の間に小礎石が1m間隔で発見されていることから、柱穴の柱と小礎石の柱を合掌式に組み合わせて防御柵を構成したものと推定される。確認された柱穴のうち、第1水門前からは柱根3本が出土。列石に使用された石材は、安山岩質の凝灰角礫岩(かくれきがん)と呼ばれるもので、おつぼ山に近い立岩付近が採集加工地とみられている。JR佐世保線武雄温泉駅から車で約15分。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

おつぼ山神籠石」の用語解説はコトバンクが提供しています。

おつぼ山神籠石の関連情報

関連キーワード

角島灯台青木湖アラ・パキスジェセル鋤崎古墳長光寺山古墳ヘロディウムサンパトリツィオの井戸徳島城青塚古墳

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation