@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

おろし(颪)【おろし】

日本大百科全書(ニッポニカ)

おろし(颪)
おろし / 颪

山から吹き降りてくる風。主として本州の太平洋沿岸一帯でいい、日本海側ではこれを「だしかぜ」とよぶ。おろしは、それが吹き出してくる風上の山の名などをとって「筑波(つくば)おろし」「秩父(ちちぶ)おろし」「比叡(ひえい)おろし」「浅間(あさま)おろし」「富士(ふじ)おろし」など、固有名をもつものが少なくない。おろしには山から吹き降りるとき、乾燥して気温の上昇するフェーン型の場合と、寒冷な気流がほとんど気温が上昇せずに低温のままで吹き降りてくるボラ型の場合があるが、フェーン型の場合は一般にフェーンとして別に注目されるので、普通「おろし」というときにはボラ型の寒風をいう場合が多い。外国ではクロアチアのダルマチア地方に吹く「おろし」がもっとも有名で、この地方ではこの風をボラBoraとよんでいる。

[根本順吉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おろし(颪)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

おろし(颪)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation