@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

おん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

おん
サンスクリット語 oṃの写。呪文の初めに称えられる祈祷語。古来インドでは,応諾を意味する敬語で,この言葉に種々の深い秘義を与えて聖音とした。また,それを分解するとa・u・mの3字から成り立つ言葉として,発生,維持,終滅の合成であるとし,ヒンドゥー教ブラフマー (創造) ,ビシュヌ (維持) ,シバ (破壊) の3神に配当させた。仏教,特に密教にこの言葉が取入れられて,真言の初めに称えられ,神聖な呪語として尊ばれている。帰命,供養,三身,法身,報身,応身の意味をもつともされている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おん」の用語解説はコトバンクが提供しています。

おんの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation