@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

お染久松色読販【オソメヒサマツウキナノヨミウリ】

デジタル大辞泉

おそめひさまつうきなのよみうり【お染久松色読販】
歌舞伎狂言世話物。3幕。4世鶴屋南北作。文化10年(1813)江戸森田座初演。早変わり見せ場とするお染久松物。通称お染の七役」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おそめひさまつうきなのよみうり【お染久松色読販】
歌舞伎狂言。世話物。3幕8場。通称《お染の七役(ななやく)》。4世鶴屋南北作。1813年(文化10)3月江戸森田座初演。油屋お染(町家の娘)・丁稚久松(若衆)・久松の姉竹川(奥女中)・お染義母貞昌尼(町家の後家)・土手のお六(悪婆(あくば))・お光(田舎娘)・の女お作(百姓女房)を5世岩井半四郎,松本屋左四郎・鬼門喜兵衛を5世松本幸四郎,百姓久作・猿回しを7世市川団十郎。亡父が紛失したお家の重宝吉光の刀を詮議している浅草瓦町の質店油屋の丁稚久松と油屋の娘お染との恋をめぐって生じてくるさまざまな出来事を,江戸市井の風俗描写にからめつつ喜劇味豊かに展開させた作品。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

おそめひさまつうきなのよみうり【お染久松色読販】
歌舞伎脚本。世話物。三幕。四世鶴屋南北作。文化一〇年(一八一三)江戸森田座初演。五世岩井半四郎がお染、久松、その姉の竹川、お染の義母貞昌尼、土手のお六、久松の許嫁お光、賤の女お作の七役を早替りで見せた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

お染久松色読販
おそめひさまつ うきなのよみうり
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
鶴屋南北(4代)
補作者
奈河晴助(1代) ほか
初演
文化10.3(江戸・森田座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

お染久松色読販」の用語解説はコトバンクが提供しています。

お染久松色読販の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation