@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

お菊さん【おきくさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

お菊さん
おきくさん
Madame Chrysanthème
フランスの小説家ピエール・ロチの小説。 1887年刊。海軍士官として 85年に長崎に寄港したときの体験をもとにした日記体小説。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おきくさん【お菊さん】
《原題、〈フランスMadame Chrysanthèmeロチの小説。1887年刊行。海軍士官として長崎に滞在した著者の経験をもとに、白人男性の「私」と日本人女性との短い同棲生活と別れを描く。米国の小説家ロングの短編「蝶々夫人」は、本作の影響を受けて書かれたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

お菊さん
おきくさん
Madame Chrysanthme
フランスの作家ピエール・ロチの長編小説。1887年発表。1885年(明治18)海軍士官として長崎に寄港した作者は一夏を日本娘と同棲(どうせい)したが、長崎入港の光景から、当時の庶民の風貌(ふうぼう)、生活様式など、多少グロテスクな光景に好奇心を燃やしながら描いている。しかし、こうした生活にもやがて倦怠(けんたい)を覚え、ふたたび新しい空のもとに新しい形を求めて立ち去る。『日本の秋』(1889)、『お梅が三度目の春』(1905)などとともに当時の日本を海外に紹介し、煙管(きせる)、箱枕(はこまくら)、行水(ぎょうずい)など、今日の日本からみればきわめて遠くなった当時の風俗を辛辣(しんらつ)に描いている。[根津憲三]
『根津憲三訳『お菊さん』(1947・白水社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

お菊さん」の用語解説はコトバンクが提供しています。

お菊さんの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation