@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

かいかい

精選版 日本国語大辞典

かいかい
〘名〙
① 片足跳びをする子供の遊び。けんけん。《季・春》
※俳諧・誹諧発句帳(1633)春「声するやかいかい友たちかへる鳫〈親直〉」
② 女子のお手玉遊び。糸鞠(いとまり)を二個交互に投げ上げ、落とさないようにする。後にはお手玉数個を用いてする遊びにいう。
※俚謡・手鞠唄(明治‐大正)京都「かいかい手鞠、かい見しより、見事に、かいたらお慰み」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かい‐かい
〘副〙
① 赤子の泣く声を表わす語。
※四河入海(17C前)七「此の唐道人が前では電電は赤子のかいかいと鳴たものぞ」
② 鶏、雁、千鳥、また蛙や狐などの鳴き声を表わす語。
※古活字本毛詩抄(17C前)四「雞がかいかいとなくぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かいかい」の用語解説はコトバンクが提供しています。

かいかいの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation