@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

かくれんぼ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

かくれんぼ
子供の遊戯の一つ。鬼になる者1人を決め,他の者は各自思い思いの場所に身をひそめ,合図とともに鬼が隠れた者を捜し出す遊び。古くから行われた遊びで,『嬉遊笑覧』には,「かくれあそびはうつぼまた栄花物語などにかくれあそびのわらはげたることをいへるはいまのかくれんぼなり」とあって,初め「隠れ遊び」といわれてきたものが,化政期 (1804~30) には現在と同じく「隠れんぼ」と称されていたことがわかる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

かくれんぼ
日本の題名作詞:村田さち子、作曲寺内タケシ

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かくれんぼ
日本の唱歌の題名。作詞:林柳波、作曲:下総皖一

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かくれんぼ
古くから行われてきた子どもの遊びで,〈かくれあそび〉〈かくれおに〉〈かくれんぼ〉が一般的な名称だが,近年は〈かくれんぼ〉が全国的通称になっている。山東京伝の《骨董集》(1814‐15)に〈かくれ遊びとあるは今云ふかくれんぼなるべし。(中略)かくれんぼはかくれ子の転語〉とあるところから,かくれあそびが古く,かくれんぼは少なくとも江戸期になってからの名称である。《物類称呼》(1775)に〈かくれんぼは小児のたはむれ也,出雲にてかくれんごと云ふ,相模にてかくれかんぢやうと云ふ,鎌倉にてはかくれんぼと云ふ,仙台にてかくれかじかと云ふ〉と,当時の各地方の名称を記している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

かくれんぼ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

かくれんぼの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation