@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

かごしま黒豚

デジタル大辞泉プラス

かごしま黒豚
鹿児島県産の銘柄肉。鹿児島県黒豚生産者協議会会員が県内で生産・肥育出荷した純粋バークシャー種の豚。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

かごしま黒豚[畜産]
かごしまくろぶた
九州・沖縄地方、鹿児島県の地域ブランド。
鹿児島県の養豚の歴史は、約400年前に遡るという。現在のかごしま黒豚は、明治時代以降に鹿児島在来種の豚とイギリスのバークシャー種を交配品種改良を重ねてできあがったもの。さつまいもを飼料として与えており、肉質の向上やビタミンEの増加効果がある。歯切れがよくやわらかで、脂肪部分にも十分な旨味があるのが特徴。昭和30年代から昭和40年代頃に全国的に知られるようになった。現在でも品種改良が進められており、鹿児島在来の黒豚のみを基礎としたサツマ2001などの系統豚が作出されている。出荷の際には、生産者名・出荷年月日・証明者番号を記入した「かごしま黒豚証明書」が発行されている。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かごしま黒豚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

かごしま黒豚の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation