@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

かごめかごめ【カゴメカゴメ】

デジタル大辞泉

かごめ‐かごめ
《「かごめ」は「囲む」の命令形「囲め」からか》しゃがんで両手で目を隠した一人を、の中のに見立て、他のたちは手をつなぎを作って、いながら回り、歌が終わって止まったときに、中の者にその真後ろの者の名を言い当てさせる子供の遊び。名を当てられた者は、代わって中に入る。東京付近では「かごめかごめ、かごの中の鳥は、いついつ出やる、夜明けの晩に、がすべった、後ろの正面だあれ」と歌う。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

かごめかごめ
日本の唱歌題名。わらべうたに基づく。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かごめかごめ
日本各地に伝わる伝承遊びの一つ。〈かごめかごめ〉の歌に合わせて遊ぶ。かつては女児の遊びとして日常的なものであったが,近年この類の遊びは見られなくなった。時代,地方により歌詞や遊び方は多少違うが,大要は以下の通り。(1)1人がかがんで両手で目を覆い,その者を中心に他の全員が手をつないで円形を作る。(2)〈かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる 夜明けの晩に つるつるつっぺった(あるいは,ツルカメとつっぺった)〉と歌いながら円を描いてまわり,〈後ろの正面だあれ〉と歌い終わったところで進行を止めて中心を向く。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かごめかごめ
かごめ囲むの命令形囲めの意か
子供の遊戯の一。しゃがんで目をふさいだ一人の周囲を数人の子供が両手をつないで輪になり、「かごめかごめ、かごの中の鳥はいついつ出やる。月夜の晩に鶴と亀がつうべった」と歌いながらめぐり、「うしろの正面だあれ」と言って止まり、輪の中の子供に後ろに立った者を当てさせる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

かごめかごめ
かごめかごめ
子供の遊びで、群れとして行われる。東京付近では「かぁごめかごめ、籠(かご)の中の鳥は……」と歌いながら遊ぶので名づけられたものだろう。もとは「屈(かが)め、屈(かが)め」といって中央の子供を屈ませるのだという説もある。『江戸語の辞典』(前田勇編)によれば「数童が手をつないで円陣をつくり、その中に一童を入れて籠の鳥に擬し……」とあり、この形で遊びが進行する。「かぁごめかごめ、籠の中の鳥は、いついつ出やる、夜明けの晩に、つるつるつっぺった」と歌いながら回り、歌い終わったとき「うしろの正面だあれ」と唱えて一同がかがみ、円陣の中の鬼になっている子の背後にあたる者の名を鬼に当てさせ、当たれば当てられた子が次の鬼となって交代する。遊び方はほぼこのようで、近代に東京で行われたのもこの形であった。遊びの起源は、神の託宣を聞こうとする者のしぐさから出ているといわれていて、例証としては福島県のある村の地蔵遊びというのをあげることができる。それの形はかごめかごめとほぼ同じで、「おのりやれ地蔵様」と唱えながら回っていると、中央の子に地蔵様がのり移るといって、そこで各自質問を出して返事を聞くのだという。つまり特定のよりまし(尸童)に神を寄せる、神寄せの方式がもとになっているという。[丸山久子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かごめ‐かごめ
〘名〙 (「かごめ」は「かこむ(囲)」の異形「かごむ」の命令形からか) 児童の遊戯の名。また、そのときに歌うわらべ歌。目隠しをしてしゃがんだ一人の回りを、他の数人が「かごめかごめ、籠の中の鳥は、いついつ出やる、夜あけの晩に、鶴と亀とつーぺった、うしろの正面だあれ」と歌いながら回り、歌い終わったとき、中の一人が背後の人の名をあて、あてられた者が次に中にはいって目隠しをしてしゃがむ。また、二人向かい合って両手を取り、中に一人入れて「かごめかごめ」の歌をうたって、終わると片方の手を高くあげて、中の者を出し、他の者が代わりにはいるようにするものもいう。中の中の小仏。かごめ。〔東京風俗志(1899‐1902)〕
[語誌](1)「狂文・四方のあか‐上・児戯賦」に「つるつるといふ名にめでて、籠目籠目とうたふ」、「雑俳・種お卸‐一六」に「蓋置はかこめかこめの唐子にて」、「清元・月花茲友鳥(山姥)」に「かごめかごめかごの中の鳥はいついつ出やる夜明のばんにつるつるつるつっぱいた」など、歌の文句の例が見られる。
(2)「かごめ」の語源については、「囲め」説の他に、「屈(かが)め」説、「籠目」説、鳥の呼び名とみる説などがある。また、歌詞の意味の不明さや、各地に伝わる歌詞の多様さから、「うしろの正面だあれ」というあてもの遊びとして定着する以前に、かなりの変遷があったかと推測される。
(3)その源として有力視されるのは、一種の神寄せの方式で、一人を他の人々が囲み、その人に地蔵がのりうつるのを待って周囲の者が質問を出し、その答えを聞くというもの。「地蔵遊び」「地蔵まわし」「中の中の地蔵(小仏)」などと呼ばれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かごめかごめ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

かごめかごめの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation