@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

かつ【カツ】

デジタル大辞泉

か・つ
[動タ下二]
できる。耐える。
「淡雪(あはゆき)のたまれば―・てにくだけつつわが物思ひのしげき頃かな」〈古今・恋一〉
(動詞の連用形に付いて)…できる。…に耐える。
「玉くしげみもろの山のさな葛さ寝ずはつひにあり―・つましじ」〈・九四〉
[補説]否定の助動詞を伴った「かてに」「かてぬ」「かつましじ」の形で用いられることが多い。→かてに

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か・つ
〘自タ下二〙
[一] (補助動詞として用いられ、動詞の連用形に付いて) …するに耐える、…することができるの意を表わす。多く未然形には打消の助動詞「ず」、終止形には打消の意志・推量を表わす助動詞「ましじ」が接続する。→かてに
※書紀(720)崇神一〇年九月・歌謡「大坂に 継ぎ登れる 石群(いしむら)を 手越(たご)しに越さば 越し介氐(カテ)むかも」
[二] (のちに独立して用いられ) 耐える。
※古今(905‐914)恋一・五五〇「あは雪のたまればかてにくだけつつわが物思ひのしげき頃かな〈よみ人しらず〉」
[補注](1)(一)は上代に特有の語。類義語に補助動詞「敢ふ」がある。→かてにがてに
(2)(二)の「古今集」の例について「和(か)てに」(…する一方ではの意)とする説もある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かつ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

かつの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation