@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

かて【カテ】

デジタル大辞泉

かて[接助・副助]
《係助詞「か」に接続助詞「とて」の付いた「かとて」の音変化。関西方言》
[接助]用言、助動詞「た」「ん(打消し)」の終止形や助詞「や」などに付く。
逆接の仮定条件を表す。たとえ…しても。「雨が降ったかて行きます」
逆接の確定条件を表す。…のに。…けれども。「呼んだかて返事せんかったやないか」
[副助]体言や格助詞に付く。…だって。…でさえ。「そない簡単な字やったら、子供かて読めるわ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かて
[1] 〘接助〙 上方語。活用語に付いて逆接条件を表わす。からとて。ても。かって。
※歌舞伎・敵討高音鼓(1808)五「刀を出したかて、何の別に怖い事はないぞ」
[2] 〘副助〙 上方語。体言に付いて、「だって」「でさえも」の意を表わす。かって。
※太政官(1915)〈上司小剣〉四「何処の銀行かてそんな廉い利息ちうたらあれへんがな」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かて」の用語解説はコトバンクが提供しています。

かての関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation