@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

かぶと

日本大百科全書(ニッポニカ)

かぶと

兜(かぶと)は昔の武士が武装に際し頭につけるもので、転じて頭の意にもなるが、日本料理ではタイの頭を「かぶと」といっている。タイの頭は骨が硬く、その部分の肉は少量ではあるが味がよいために、かぶとの料理は高級料理として扱われ、日本料理専門店では著しく価格も高い。かぶと蒸しはタイの頭を蒸し物にした料理、かぶと煮はタイの頭をこってりと煮上げる料理、またこれを焼き物にしたのはかぶと焼きである。独特のかぶと料理を特色としている料理店もあるし、四国には郷土料理としてかぶと料理を名物にしている所もある。

[多田鉄之助]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かぶと」の用語解説はコトバンクが提供しています。

かぶとの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation