@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

かみのけ座【かみのけざ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

かみのけ座
かみのけざ
Coma Berenices
髪座。5月末のに南中する北天の星座。赤経約 12時40分,赤緯約 23°で,しし座うしかい座の間にある。微光星ばかりであるが,星座の南からおとめ座にかけてはおびただしい数の銀河があり,特に天球上で直径約 6°の範囲に約 1000個の銀河が密集した集団は,かみのけ座銀河団と呼ばれる。この銀河団は地球から約 3億光年の距離にあり,秒速 6700kmの平均速度で遠ざかっている。神話によると,かみのけ座はエジプト王妃ベルニケが戦勝祈願を聞き届けてくれた女神アフロディテに捧げた彼女の金髪であるという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

かみのけ座
かみのけざ / 髪座

春先の宵、ほとんど頭上に、小さな星の群れが三角形状のかたまりになって見える淡い星座。この星の群れは、距離261光年のところにある散開星団で、星団が星座になっている珍しい例である。エジプト王エウエルゲテス(プトレマイオス3世)の妻ベレニケが、夫の戦勝を願ってその美しい髪を祭壇に捧(ささ)げたという一部史実に基づいた話が伝えられ、かつては「ベレニケの髪座」とよばれた。銀河座標の北極に位置する。

[藤井 旭]

『藤井旭著『春の星座』(1989・金の星社)』『小林悦子文、藤井旭写真『春・夏の星座』(1992・講談社)』『デイビッド・マリン著、長谷川哲夫訳『デイビッド・マリンの驚異の大宇宙』(2000・ニュートンプレス)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かみのけ座」の用語解説はコトバンクが提供しています。

かみのけ座の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation