@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

からして【カラシテ】

デジタル大辞泉

から‐して
[連語]
《格助詞「から」+副助詞「して」》体言、またはそれに準じる語を受ける。
㋐…から後。「この時からして生活が変わった」
㋑…をはじめとして。「言うことからしてなまいきだ」
《接続助詞「から」+副助詞「して」》活用語の終止形を受け、…ゆえに、…から、の意を表す。「信用しているからして、仕事を任せたのだ」「そんなわけだからして、了承してもらいたい」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

から‐して
〘接続〙 (接続助詞のように用いる「からして」から転じたもの) 先行の事柄の当然の結果として、後行の事柄が起こることを示す。理由。だから。だからして。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「渠奴(きゃつ)必ず邪魔を入れるに相違ない。からして厭でも昇に親まなければならぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

から‐して
[一] (起点を表わす格助詞「から」に、形式化してほとんど意味をもたない「して」の付いたもの) 体言または体言と同資格の語を受け、「…から後」「…からはじめて」「…をはじめとして」の意を表わす。→助詞「から(一)⑤」
※史記抄(1477)三「東周と云は考王弟からしての事ぞ」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「態々(わざわざ)こんな話しをしに来るのからして合点が行かぬが」
[二] (接続助詞「から」に、(一)と同じく「して」が付いたもの) 活用語の終止形を受け、「…から」「…故に」の意を表わす。
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉九「美しい顔をして君子を陥れたりするハイカラ野郎は一人もないと信ずるからして、君の如き温良篤厚の士は必ず其地方一般の歓迎を受けられるに相違ない」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

からして」の用語解説はコトバンクが提供しています。

からしての関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation