@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

からに【カラニ】

デジタル大辞泉

から‐に
[連語]《準体助詞「から」+格助詞「に」》活用語の連体形に付く。上代では格助詞「の」「が」にも付く。
…だけの理由で。…だけで。「聞くからに強そうな名前だ」
「ただ一夜隔てし―あらたまの月か経ぬると心迷(まと)ひぬ」〈・六三八〉
(「からには」の形で)…である以上は。…する以上は。「言ったからには最後までやりとおす」→からは
…と同時に。…とすぐに。
「初春の初子(はつね)の今日の玉箒(たまばはき)手に取る―揺らく玉の緒」〈・四四九三〉
前の事柄を理由・原因として順当な結果へと続ける意を表す。…ので。…ゆえに。
「うちわたす遠方人(をちかたびと)に言問へど答へぬ―しるき花かな」〈新古今・雑上〉
(助動詞「む」に付いて)前の事柄を理由・原因として順当でない結果へと続ける意を表す。…からといって。
「いかに大宮司ならん―、国にはらまれては見参(げんざん)にも参らぬぞ」〈宇治拾遺・三〉
[補説]5用法中世だけで、近世になると「てから」「てからが」の形に変わる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

から‐に
(原因、理由を意味する助詞の「から」に格助詞の「に」が付いたもの) 活用語の連体形を受け、全体で接続助詞的に働く。
① 原因がきわめて軽いにもかかわらず結果の重いことを示す。…ばっかりで。それだけの原因で。
※書紀(720)斉明七年一〇月・歌謡「君が目の 恋(こほ)しき舸羅儞(カラニ)(は)てて居て かくや恋ひむも 君が目を欲(ほ)り」
※石山寺本金剛般若経集験記平安初期点(850頃)「昔し魯連といふひと談笑せしからに秦の軍自ら却きぬ」
② さして重くない原因によって、ある結果がただちに生ずることを示す。原因の結果に対する支配力は①よりやや弱いが、時間的関係が強い。…と共に。…と同時に。…や否や。中古以後の用法。
※後撰(951‐953頃)夏・一九五「うつせみの声聞くからに物ぞ思我も空き世にしすまへば〈よみ人しらず〉」
③ 原因、結果を順接の関係において示す。…ゆえに。逆接の意が感じられる例もあるが、それは反語によるものである。
※源氏(1001‐14頃)帚木「などかは女と言はんからに世にある事の公、私につけて、むげに知らず至らずしもあらむ」
④ 逆接の関係において、原因、結果を示す。中世に現われ、その後見られない。近世にはこの用法は「てから」「てからが」の形となる。
※宇治拾遺(1221頃)三「神宮といはむからに、国中にはらまれて、いかに奇恠(きくゎい)をばいたす」
[語誌](1)順接条件を示す場合、中世末期には「に」を伴わない形で用いられるに至る。→助詞「から(二)」
(2)上代、中古の例では「から」の体言性がかなり強いが、中世に現われた逆接用法に至って体言性は失われたと考えられる。
(3)近世以降、文末におかれて「てからに」の形で用いられることがある。→てからに

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

からに」の用語解説はコトバンクが提供しています。

からにの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation