@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

からは【カラハ】

デジタル大辞泉

から‐は
[連語]《準体助詞「から」+係助詞「は」》名詞、活用語の連体形に付く。…である以上は。…する以上は。「引き受けたからは最後までやる」
「契約して子にした―この雪(=人名)が返さぬ」〈浄・阿波鳴渡

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

から‐は
[一] 名詞(「から(柄)(二)」)または格助詞の「から」に係助詞「は」の付いたもの。名詞の「から」は活用語の連体形を受け、格助詞の「から」は体言を受ける。→から
※有明の別(12C後)一「ただ朝夕の御身の上をはるかにみいだし給へるも物心細きからは、すずろに御涙こぼるべし」
※洒落本・辰巳之園(1770)「見ねヱ。暮方からは是に火を燈す」
[二] 接続助詞の「から」に係助詞「は」の付いたもの。活用語の連体形を受け、「…以上は」の意を表わす。まれに、下にあるべき存在詞を略した体言を受けることがある。
※虎明本狂言・居杭(室町末‐近世初)「まいるからはどこへなり共まいらふ」
※歌舞伎・姫蔵大黒柱(1695)二「奥様になるからは随分始末が大事ぢゃ」
[補注]接続状態の系統からいえば、体言を受ける場合の「から」は格助詞、活用語の連体形を受ける場合の「から」は名詞あるいは接続助詞と一応考えられる。ただし、名詞「から」と格助詞「から」および接続助詞「から」は相互にきわめて密接な関係があり、必ずしもはっきりと区別できない。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

からは」の用語解説はコトバンクが提供しています。

からはの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation