@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

かり【カリ】

デジタル大辞泉

かり[助動]
[助動][○|○|かり|○|○|○]《助動詞「けり」にあたる上代東国方言》用言や助動詞の連用形に付いて、回想・詠嘆の意を表す。…たなあ。
「旅とへど真旅(またび)になりぬ家の妹(も)が着せし衣に垢(あか)付きにかり」〈・四三八八〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かり
助動
助動詞「けり」の上代東国方言。 家の妹が着せし衣に垢あか付きにかり/万葉集 4388 終止形しか用例がみられない

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かり
〘名〙 樗蒲(かりうち)に用いるさいころ。平たく、楕円形をしたもの四個からなり、四個とも一面を黒く一面を白く塗って、そのうちの二個の黒い面には牛を描き、他の二個の白い面にはきじを描く。〔十巻本和名抄(934頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かり
(形容詞、または、形容詞型活用の助動詞「べし」「まじ」などの連用形語尾「く」に、ラ変動詞「あり」が付いて融合したもの) 形容詞、または、助動詞の活用形の一部として扱われるが、カリ活用の形容動詞としたり、形容詞と助動詞「あり」とに分析したりする扱いかたもある。
※万葉(8C後)五・七九三「世の中は空しきものと知る時しいよよますます悲し可利(カリ)けり」
※伊勢物語(10C前)六「女のえ得(う)まじかりけるを、年を経てよばひわたりけるを」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かり
〘助動〙 助動詞「けり」の上代東国方言。
※万葉(8C後)二〇・四三八八「旅と云(へ)ど真旅になりぬ家の妹(も)が着せし衣に垢(あか)付きに迦理(カリ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かり」の用語解説はコトバンクが提供しています。

かりの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation