@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

がし【ガシ】

デジタル大辞泉

がし[終助・接尾]
[終助]《終助詞「かし」の音変化》命令形に付いて、強い願望の意を表す。なんとか…してほしい。
「あはれ爰(ここ)に五十二両降れ―」〈浮・曲三味線・六〉
[補説]近世以降の語。
[接尾]動詞の命令形に付いて、…と言わんばかりの意を表す。「これ見よがし」「出ていけがし態度

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

がし
終助
終助詞かしから転じたもの 命令形に付いて、強い願望を表す。どうか…して欲しい。 梅が咲け-/松の葉
接尾
から転じた用法 命令文の末尾に付いて、…と言わんばかりの意を表す。…と。 これ見よ-に広げる 出て行け-の態度

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がし
[1] 〘終助〙 (間投助詞「かし」の文末用法が意味的にもやや変化し、濁音化したもの) 命令の文を受け、願望の意を表わす近世語。
※歌謡・松の葉(1703)二・八重梅「梅が咲けがし、いよ八重梅が」
※浮世草子・風流曲三味線(1706)六「あはれ爰(ここ)に五十二両降れがし」
[2] 〘接尾〙 ((一)の用法を引用文に用いたところから転じたもの) 見る、聞くなどの命令形に下接し、「…といわんばかり」の意を表わす。
※浮世草子・好色二代男(1684)四「ならふ事かと、人に聞がしに咄す」
※歌舞伎・傾城壬生大念仏(1702)上「私とは只(ただ)中が悪ふござんして、いねがしのやうに斗(ばかり)致します」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「是見よがしにいかい事尻(いしき)をおならべだ」
[補注](二)には副助詞と考えた方がよい用法もある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がし」の用語解説はコトバンクが提供しています。

がしの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation