@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

がら札【がらふだ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

がら札
がらふだ
140枚の絵札に 140本のくじ棒を組合せる賭博かるた一種ピイあるいは天窓 (てんまど) とも呼ばれた。がら札という呼び名は,竹のくじ棒をから振って出すときの音から出たといわれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がら‐ふだ【がら札】
〘名〙 (籤(くじ)を入れた筒をがらがらと振って出して、札に合わせるところから) 賭博用の札の一つ。花、独楽(こま)、杯、団子、衣類などの絵を描いた札一四〇枚と、その札の絵の名称を記入した籤一四〇本を入れた筒とを用意し、人数は普通七、八人から一〇人までとし、各人が交替に筒を振って籤を出し、絵に合わせて札を伏せ、早く札を伏せ終わったものを勝ちとする賭博に使用するもの。また、その賭博。
※大英游記(1908)〈杉村楚人冠〉本記「ガラ札(フダ)を命とする半博徒を相手として、幾百の競馬場を作ったとて、何になるものかい」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がら札」の用語解説はコトバンクが提供しています。

がら札の関連情報

関連キーワード

高血圧仮面高血圧高血圧患者のみかたマツコ・デラックスウエルター級簡易裁判所スーパーライト級審級東洲斎写楽赤ちゃんの世話

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation