@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

きさげ【キサゲ】

デジタル大辞泉

きさげ
《動詞「刮(きさ)ぐ」の連用形からか》機械ややすりで仕上げた工作物の面を、人手でさらに精密に仕上げるのに用いる削り工具スクレーパー

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きさげ
スクレーパーscraperともいう。滑り面やはめ合い面の仕上げに用いられる手工具。光明丹を塗った基準面体と仕上げようとする面とをすり合わせ,光明丹がついた凸部をきさげで薄く削り取る。研削と同程度の精度を得ることもでき,また面の模様づけにも用いられる。切れ刃の形状が平形,かぎ形,三角形,三日月形などのもののほか,軸受メタルの凹面などを仕上げる俗称〈ささっぱ〉と呼ばれる軸受きさげなどがある。【笹谷 重康】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きさげ
動詞きさぐ(刮)の連用形からか
機械仕上げ・やすり仕上げを行なった金属面を削って、さらに精密に仕上げるための刃物。スクレーパー。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

きさげ
きさげ
機械仕上げされた工作物の表面を、さらに人手により精密に仕上げるための切削工具。その工程をきさげかけという。機械加工ではできない微妙な調整が可能で、また、きさげ仕上げされた平面に独特なきわめて浅い多数の凹(へこ)みが油だまりとなるため、定盤(じょうばん)、機械、測定器において、すべり運動をより滑らかにする有用性が加わる。刃の形から平きさげと、ささばきさげに分類される。刃先の角度は工作物の材質に応じて変化させる。刃の材質としてはハイス(高速度鋼)と超硬合金が用いられる。一般には鋳鉄製品の加工に使われるが、ささばきさげの場合には、黄銅、ホワイトメタルのような軟らかい金属を用いた軸受の仕上げなどにも用いられる。[清水伸二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きさげ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

きさげの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation