@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

きしめん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

きしめん
ひものように平たいうどん。名古屋地方の特産。製造はうどんの場合と同じ。製麺機を用いる場合,切り出し刃の番数の少ないものを用いて平たい麺をつくる。中国の雉糸麺(ちしめん)に由来するという,尾張藩主にキジの肉を入れて供したのが有名になり,「きじめん」と呼ばれるようになったという説,紀州麺といったのがつまって「きしめん」になったというなど,諸説がある。きしめんは「ひもかわ」ともいわれるが,これは東海道芋川の里の平うどんの「いもかわうどん」が「ひもかわ」になったともいわれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

きしめん
平麺のうどん。一般的なうどんに比べ、薄くてが広い。愛知県、名古屋地域の名物として知られる。名称の由来は、紀州から製法が伝わり「紀州麺」と呼ばれたことから、尾張藩主に提供された雉肉入りのものが有名となり「きじめん」と呼ばれたことから、などの説がある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

きしめん
きしめん / 棊子麺
(めん)類の一種。もともとは小麦粉に水を適量加えてこね、小さくつまんで丸め、押して碁石の形に似たものをつくり、煮たのを棊子麺といったという。次には、うどん作りのように加水小麦粉を麺棒で伸ばし、碁石形に打ち抜いて用いるようになった。
 また、きしめんの名称は、紀州(和歌山県)の人がその地方の平打ち麺を名古屋の人に教えたといい、この地方では平打ちうどんをきしめんといっている。つまり、紀州麺から転じたというもの。『料理山海郷(りょうりさんかいきょう)』(1749刊)には、「うどんの粉塩なしにこね常の如(ごと)くふみて薄く打ち、はば五分ほどの短冊(たんざく)にきり汁にてかげんするなり。打粉多くつかえば汁ねばる。打粉少なくして汁多く仕懸けるがよし(下略)」とあり、平打ちうどんのきしめんの作り方を紹介している。江戸後期には、このきしめんに「ひもかわ」の名も用いており柳亭種彦(りゅうていたねひこ)著『用捨箱(ようしゃばこ)』(1841)のなかには、その名称についての論議がある。[多田鉄之助]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きしめん」の用語解説はコトバンクが提供しています。

きしめんの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation