@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

きじ車【きじぐるま】

事典 日本の地域ブランド・名産品

きじ車[人形・玩具]
きじぐるま
九州・沖縄地方、福岡県の地域ブランド。
みやま市瀬高町で製作されている。北原白秋に登場することで有名。806(大同元)年、道に迷った伝教大師を一羽のきじが合歓大樹に導いたという伝説に由来する。緑と赤のものが、赤と黒のものがをあらわす。を材料とし、を使わないのが特徴。江戸時代の文政年間(1818年〜1830年)には縁起物として珍重された。福岡県特産民芸品。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

きじ車
九州地方に伝わる郷土玩具。「きじ馬」ともいう。車のついた雉鳥形の玩具で、かつては木馬のように跨って遊ぶ大きさのものが主だったが、現在は小型化。主な系統に、福岡県の清水系、熊本県の人吉系、大分県の北山田系がある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きじ車」の用語解説はコトバンクが提供しています。

きじ車の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation