@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

きのふはけふのものがたり【きのうはきょうのものがたり】

日本大百科全書(ニッポニカ)

きのふはけふのものがたり
きのうはきょうのものがたり
仮名草子。「昨日は今日の物語」とも書く。江戸初期成立の短編笑話集。2巻。作者不明。古活字版、整版本ともに諸本があり、大半は共通話であるが、諸本間の咄(はなし)の出入りも多く、表現にも差があり一定しない。1636年(寛永13)の整版本では153話。文禄(ぶんろく)・慶長(けいちょう)(1592~1615)ごろの実在人物の滑稽譚(こっけいたん)、逸話、あるいは一般的な笑話を収める。本書の祖型とみられる『戯言養気集(ぎげんようきしゅう)』に比べると、ぐっと一般化、庶民化しており、また猥雑(わいざつ)な好色譚が多いのが特色である。[岡 雅彦]
『武藤禎夫・岡雅彦編『噺本大系1』(1975・東京堂出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きのふはけふのものがたり」の用語解説はコトバンクが提供しています。

きのふはけふのものがたりの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation