@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

きやり【きやり】

大辞林 第三版

きやり
(多く「と」を伴って)胸などが鋭く痛むさま。また、神経にさわるさま。 女郎も少し-と来たらう/洒落本・後編香ひ袋

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きやり
〘副〙 (「と」を伴って用いることが多い)
① 胸などがさしこんで痛むさま。きやきや。
※雑俳・鶯宿梅(1730)「胴突の胸へきやりと痞へもち」
② はっと驚くさま。また、心を動かすさま。びくり。
※玉塵抄(1563)二三「をや子は一身なるほどに母が指をかうだほどに子がむねがきやりとしてあたってをぼえたぞ」
※雑俳・柳筥(1783‐86)四「百桟敷戸の明くたびにきやりする」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きやり」の用語解説はコトバンクが提供しています。

きやりの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation