@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

きらり【キラリ】

デジタル大辞泉

きらり[人工衛星]
JAXA(ジャクサ)宇宙航空研究開発機構)の光衛星間通信実験衛星OICETS(オイセッツ)の愛称。平成17年(2005)8月にカザフスタンバイコヌール宇宙基地から小型科学衛星れいめいとともにピギーバック衛星として打ち上げられた。低軌道をとる同衛星と静止軌道をとるESA(欧州宇宙機関)のデータ中継衛星ARTEMIS(アルテミス)との間で、距離数万キロメートルを隔ててレーザー光による光通信に世界で初めて成功した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きらり
[副]一瞬、鋭く光を放つさま。「涙がきらりと光る」「彼には何かきらりと光るものを感じる」
[補説]人工衛星は別項。→きらり

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きらり
(多く「と」を伴って)
瞬間的に光り輝くさま。ぴかり。 砂金が-(と)光る 涙が-(と)光る
物事がはっきりするさま。 三日過て(薬ヲ)取りければ、眼は-と明きにけり/仮名草子・竹斎

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きらり
〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 美しく、または鋭く光り輝くさまを表わす語。ぴかり。
※愚管抄(1220)四「御目をきらりと見あげておはしましたりけるが」
※史記抄(1477)一二「発を開たほどに、匕首が、きらりと見へたぞ」
② 物事が明らかになるさま、はっきりするさまを表わす語。
※史記抄(1477)三「是てきらりときこへたぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きらり」の用語解説はコトバンクが提供しています。

きらりの関連情報

関連キーワード

若田光一宇宙兄弟SLIM宇宙航空研究開発機構向井千秋大西卓哉油井亀美也JAXAイプシロンアストロH

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation