@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

きら【キラ】

デジタル大辞泉

きら
きらきらする光。また、鱗粉(りんぷん)や水面に浮いた油など、きらきら光って見えるもの。
きらら

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きら
〘名〙 (きらきらと光を反射させるものの意)
① =きり
※函碕文庫本堤中納言(11C中‐13C頃)虫めづる姫君「蝶はとらふれば、手にきらつきて」
② (浮垢)(「ぎら」とも) 水や湯などに、油、あく、鉄気(かなけ)などが浮き出してきらきらと光っているもの。
俳諧・雑談集下(1692)「逢みてぞ二度びっくりの殺しぶり〈楊水〉 涌口とめてかゆる湯の膚(キラ)〈普船〉」
[補注]①の「堤中納言」の用例は、諸本「きり」とあるものが多い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きら
〘名〙 (吉良上野介の「こうづけ」を「香漬け」にかけていう) 漬物(つけもの)、香の物をいう、人形浄瑠璃社会の隠語。
※楽屋図会拾遺(1802)下「香の物をきら」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きら」の用語解説はコトバンクが提供しています。

きらの関連情報

他サービスで検索

「きら」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation