@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

きんこ

事典 日本の地域ブランド・名産品

きんこ[加工食品]
東海地方、三重県の地域ブランド。
主に志摩地方で製造されている。甘藷(隼人いも)を原料とし皮むき・煮沸・切断・乾燥の工程を経て加工された干し芋加工食品。煮切り干しとも呼ばれる。なまこを干して乾燥させた「きんこ」に似ていることから、この名がある。毎年11月末頃から1月下旬頃までに出荷される。みえの伝統野菜。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

きんこ
三重県、志摩地方に伝わる郷土料理。サツマイモの一種であるハヤトイモを用いてつくる干し芋。名称は、干した様子が干しナマコ(キンコ)に似ていることに由来するとされる。カロテンが豊富で、古くから漁師海女、子どものおやつとして食されてきた。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きんこ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

きんこの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation