@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

きんご【キンゴ】

デジタル大辞泉

きんご
天正カルタを用いたばくちの一。手札とめくり札とを合わせて15、またはそれに最も近い数を勝ちとするもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんご

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きんご
カルタ賭博の一種。持ち札とめくり札の合計が一五に近い数になった方を勝ちとするもの。
料金が一五匁であったことからというかこい女郎。 庭には-の長持をはこび/浮世草子・一代男 7

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きんご
〘名〙
① カルタ賭博の一つ。天正カルタ四八枚の中から馬四枚、キリ四枚を除いた四〇枚を使って行なうもの。手札をめくり札と合わせて一五の数を最高とする。きんごふだ。
※浄瑠璃・壇浦兜軍記(1732)二「それを資本(もとで)に女夫連(めおとづれ)で金粉(キンゴ)して遊んだら、面白かろではあるまいか」
② 一五の数をいう博徒仲間の隠語。
※洒落本・呼子鳥(1779)やました八景「うしろにゐるあきちから取って十六だアなア、きんごなぞ一本くらったが、きんごでは一本だがないじゃてい」
③ (揚げ代が十五匁であった時期に) 「かこいじょろう(囲女郎)」の異称。
※浮世草子・好色一代男(1682)七「庭には金吾(キンゴ)の長持をはこび、井筒屋に出入やり手迄も、光をかさる桐のとをもらひ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きんご」の用語解説はコトバンクが提供しています。

きんごの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation