@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ぎぎ

精選版 日本国語大辞典

ぎぎ
〘名〙 ギギ科の淡水魚。全長二五センチメートルに達する。口ひげが四対あり、背びれと胸びれに毒腺のある棘(きょく)があって刺されると痛む。体色は灰褐色で暗色の不規則な斑紋があるが、死後は黄変する。胸びれを使ってギーギーという音をたてるところからこの名がある。河川、湖沼にすみ、昼間は岩かげにひそみ、夜間活動し、小魚、エビ類、昆虫類の幼虫などの小動物を食べる。尾びれの先端が深く二またになっている点で近縁種のギバチと区別できる。中部以南の本州と四国に分布する。肉は美味。はげぎぎ。ぐぐ。漢名、黄顙魚。〔明応本節用集(1496)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎぎ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぎぎの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation