@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ぎす

精選版 日本国語大辞典

ぎす
〘名〙 昆虫「きりぎりす(螽蟖)」の異名。《季・秋》
※俳諧・続猿蓑(1698)上「けふのあつさはそよりともせぬ〈馬莧〉 砂を這ふ蕀の中の絡線(ギス)の声〈沾圃〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎす
〘名〙 魚「かながしら(金頭)」の異名。〔物類称呼(1775)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎす
[1] 〘形動〙 とげとげして無愛想なさま。きびしく親しみがたいさま。
※続無名抄(1680)下「世話字尽〈略〉義子成人(ギスナヒト)
[2] 〘副〙 驚いて動揺するさまを表わす語。ぎく。
※葉隠(1716頃)二「釈迦・孔子・天照大神の御出現にて御勧めにても、ぎすともする事なし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎす」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぎすの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation