@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ぎっくり【ギックリ】

デジタル大辞泉

ぎっくり
[副](スル)
不意をつかれて驚き動揺するさま。ぎくっ。「急に名前を呼ばれてぎっくり(と)する」
歌舞伎見得(みえ)で、にらむさま。
「かさを持って―とにらんだらの」〈滑・浮世風呂・前〉
[名]歌舞伎で、目をむいてにらむこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぎっくり
スル
不意をつかれて驚くさま。 聞いて-(と)する
歌舞伎などで、はったとにらむさま。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎっくり
[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 角立ったもの、物の節目などが、こすれてたてる音を表わす語。
※雑俳・銀土器(1716‐36)「音ぐきり・ぎっくりといふたと白い膝を出し」
※続無名抄(1680)下「世話字尽〈略〉及曲輪(ギックリ)
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)初「口にはいへど心にぎっくり」
③ 歌舞伎などで、はったとにらむさまを表わす語。
※歌舞伎・名歌徳三舛玉垣(1801)四立「六部、上(かみ)の方に横向きの見得。下(しも)の方に順礼手を組でぎっくりと思入」
[2] 〘名〙 歌舞伎役者のする見え。→(一)③。
※洒落本・船頭深話(1802)二「わる見へのぎっくりなどをするくせあり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎっくり」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぎっくりの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation