@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ぎやまん

日本大百科全書(ニッポニカ)

ぎやまん
ぎやまん
江戸時代、ダイヤモンド(金剛石)をよんだことば。オランダ語diamantの訛(なま)りとも、ポルトガル語diamoの訛りともいわれる。本来はダイヤモンドそのものをいうことばであったが、水晶などの宝石類や、ダイヤモンドで加工されたカットグラスを含めて、広くガラス製品一般の呼称ともなり、すでに早く室町時代末期に、オランダ人によって製法が伝えられていた酒杯や瓶、鉢などのガラス製の器具ビードロと混同され、板状のガラス板を除いたガラス製品を総称してぎやまん、ビードロとよぶようになって、両者の厳密な区別はなくなった。なお、ビードロはポルトガル語のvidroの訛りといわれる。[棚橋正博]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎやまん」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぎやまんの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation