@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ぎりぎり【ギリギリ】

デジタル大辞泉

ぎり‐ぎり[名]
頭頂にあるつむじ。転じて、頭の頂上。
「爪先(つまさき)より―まで打ち込み」〈浄・宵庚申

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎり‐ぎり[副]
[副]
物が強く擦れ合う音やそのさまを表す語。「歯をぎりぎり(と)食いしばる」
強く力を入れるさま。また、強く巻きつけるさま。「ひもでぎりぎり(と)縛る」
気がいらだつさま。
「もう―して来た葉子は剣を持った声で」〈有島或る女

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎり‐ぎり
〘名〙 (渦を巻いているさまからいう) 頭のつむじ。また、頭のてっぺん。百会(ひゃくえ)
※浄瑠璃・曾根崎心中(1703)「おのれが頭のぎりぎりから爪先まで、切り刻んでも、これが腹がゐるものか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎり‐ぎり
[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 物のきしってたてる音などを表わす語。歯をくいしばる音やさまなどにいうことが多い。
※玉塵抄(1563)五一「車のやうなを、わくをくるをとが民村の南北そこそこにひびいたぞ、ぎりぎりとなるぞ」
② 強く、力を入れたり力がはいったりするさまを表わす語。特に、きつく巻くさまにいうことが多い。また、こわばり固まるさまにもいう。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉中「彼女は急いで衣服引っ掛、細帯(しごき)ギリギリと巻き付けて」
③ 気がいらだつさまを表わす語。いらいら。
※洒落本・後編婭意忋思(1802)「ごうきにおろされたのかげでぎりぎりしてゐた」
[2] 〘形動〙 容易にはとけないように強くしばるさま。
※不在地主(1929)〈小林多喜二〉一「首ったけの借金が百姓をギリギリにしばりつけてゐた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎりぎり」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぎりぎりの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation