@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

けい

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

けい
1853-1871 明治時代の移民。
嘉永(かえい)6年生まれ。日本で最初の女性移民。明治2年スネルにひきいられた郷里陸奥(むつ)会津(あいづ)(福島県)のアメリカ移民団に参加し,カリフォルニア入植。若松コロニーで茶や栽培をおこなったが失敗し,明治4年熱病にかかって死去した。19歳。カリフォルニアおけいともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

精選版 日本国語大辞典

けい
[1] 〘接助〙 接続助詞「さかい」の変化したものか。から。
※開化の入口(1873‐74)〈横河秋濤〉下「何事も清浄を素とするケイ、不浄な事は神様が御嫌らい成さる」
[2] 〘終助〙 終助詞「かい」の変化したもの。
※浪花聞書(1819頃)「けい そうけい、くるけいなどいふ、江戸のそうかゑくるかゑなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けい」の用語解説はコトバンクが提供しています。

けいの関連情報

関連キーワード

廃藩置県日本科学史(年表)徳川家慶オーストンルーブル宮殿ニーベルングの指環明治維新ガビンズガビンズ英学

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation